介護職員初任者研修ってどんな資格?

介護職系の資格として注目されているのが「介護職員初任者研修」です。介護系の仕事をするためには、ぜひとも保持しておきたい資格です。

こちらでは介護職員初任者研修とはどんな資格なのか?について解説します。

初歩的な介護系の資格である

・初歩的であるからこそ取得しやすい

いきなりハイレベルな資格の取得は出来ませんよね。介護職で働くとしたら、まずは比較的取得しやすいものを勉強して確保しておくべきです。

介護職員初任者研修に関しては、介護にたずさわる人が、業務上で行うことについて最低限の知識や技術といったものを身につける目的のための資格です。

要は、基本的な介護の業務ができるようにする資格なのです。

介護職員初任者研修の資格を取得するとどんなことが出来るのか?

・訪問介護が可能

訪問介護の仕事をしたい、と思っている方におすすめの資格になります。訪問介護に関しては、実際に家庭に訪問し、入浴や食事、さらに排泄等の介護を実施できます。

他にも、生活援助系の業務も出来ます。たとえば調理や買い物、さらに選択や掃除といったものです。

・介護系の施設でももちろん働ける

養護老人ホームや老人保健施設などでも働けます。職場の中には、介護職員初任者研修の資格を必須としているところも有るので、積極的に取得しておくべきです。

介護職員初任者研修の試験は難易度が高いのか?

・難易度は低い

以前はホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、その当時に比べると難易度はアップしています。以前は筆記試験がなかったのです。しかし、介護職員初任者研修に名称が変更されてからは、講座が終了してから筆記試験が課されるようになりました。しかし、内容的にはそれほど難しいものではありません。しっかりと勉強していれば、合格できる程度のものです。

今後さらにニーズが高まる資格である

・介護資格は重宝されている

この超高齢化社会をどうにかするためにも、介護系の資格は重要な役割を果たしてくれるはずです。今のところは給与が低い、といったデメリットも確かにあります。しかし、今後は待遇も改善される可能性があり、そもそも就職難とは無縁なのです。

安定した仕事をしたい、と思っている方はぜひ取得しておきましょう。

また、介護職員初任者研修はステップアップできる資格です。介護職員初任者研修を皮切りに、将来的には介護福祉士やケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ