介護職で働く幅が広がる、
介護職員初任者研修の資格を取得しよう!

介護職員初任者研修ってどんな資格?

介護職系の資格として注目されているのが「介護職員初任者研修」です。介護系の仕事をするためには、ぜひとも保持しておきたい資格です。

こちらでは介護職員初任者研修とはどんな資格なのか?について解説します。

初歩的な介護系の資格である

・初歩的であるからこそ取得しやすい

いきなりハイレベルな資格の取得は出来ませんよね。介護職で働くとしたら、まずは比較的取得しやすいものを勉強して確保しておくべきです。

介護職員初任者研修に関しては、介護にたずさわる人が、業務上で行うことについて最低限の知識や技術といったものを身につける目的のための資格です。

要は、基本的な介護の業務ができるようにする資格なのです。

介護職員初任者研修の資格を取得するとどんなことが出来るのか?

・訪問介護が可能

訪問介護の仕事をしたい、と思っている方におすすめの資格になります。訪問介護に関しては、実際に家庭に訪問し、入浴や食事、さらに排泄等の介護を実施できます。

他にも、生活援助系の業務も出来ます。たとえば調理や買い物、さらに選択や掃除といったものです。

・介護系の施設でももちろん働ける

養護老人ホームや老人保健施設などでも働けます。職場の中には、介護職員初任者研修の資格を必須としているところも有るので、積極的に取得しておくべきです。

介護職員初任者研修の試験は難易度が高いのか?

・難易度は低い

以前はホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、その当時に比べると難易度はアップしています。以前は筆記試験がなかったのです。しかし、介護職員初任者研修に名称が変更されてからは、講座が終了してから筆記試験が課されるようになりました。しかし、内容的にはそれほど難しいものではありません。しっかりと勉強していれば、合格できる程度のものです。

今後さらにニーズが高まる資格である

・介護資格は重宝されている

この超高齢化社会をどうにかするためにも、介護系の資格は重要な役割を果たしてくれるはずです。今のところは給与が低い、といったデメリットも確かにあります。しかし、今後は待遇も改善される可能性があり、そもそも就職難とは無縁なのです。

安定した仕事をしたい、と思っている方はぜひ取得しておきましょう。

また、介護職員初任者研修はステップアップできる資格です。介護職員初任者研修を皮切りに、将来的には介護福祉士やケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

介護職員初任者研修の資格で働ける職場と給料

介護職員初任者研修の資格取得は難しくありません。問題は取得後です。

ここでは、介護職員初任者研修の資格でどんな職場で働けるのか?さらにどれくらいの給与が期待できるのか?について解説します。

働ける職場と、雇用形態について

【介護職員初任者研修の資格を持っていると働ける職場例】
・デイケアセンター
・訪問看護ステーション
・デイサービスセンター
・特別養護老人ホーム
・老健施設など

他にも民間の介護施設で働けるケースも有ります。介護系の仕事がある職場の殆どで働けるわけです。

また、介護系の施設は、基本的に人材不足で悩んでいます。介護職員初任者研修の資格を持っていれば、とりあえずいずれかの介護施設で雇ってもらえるでしょう。

【介護職員初任者研修と雇用形態】
・正規職員
・派遣社員
・契約社員
・アルバイト・パートなど

介護職員初任者研修は介護系の初歩的な資格でもあるので、非正規社員でしか働けないのでは、と思われているのも事実です。しかし、そんなことはありません。ガッツリと介護系の職場で働きたい、と願っている方には正規社員として働く道もあるのです。

実際に、介護施設の正規職員系の求人情報をチェックすると、資格欄に「介護職員初任者研修」と記載されているケースがあります。とりあえず介護職員初任者研修の資格を持っていれば、正規職員として介護の仕事に就ける可能性はあるわけです。

介護職員初任者研修の収入はどの程度なのか?

・正規職員の場合

月に15万円から20万円が基準になります。忙しいイメージもありますが、ほとんどの介護施設で週休2日制を実施しているので、その上で月に15万円から20万円ともなれば、まずまずといえるかもしれません。

ちなみにボーナスについては施設によって大きな差があります。手厚くしてくれるところもあれば、それほど重視してくれないところも有るので、年収に大きな差が生まれてしまいます。

正規職員の年収についてはボーナス込みで、250万円から300万円程度になるケースが多いです。

・アルバイト・パートの場合

時給で800円から1,000円程度になります。ベテランになると時給がもう少しアップする可能性もありますが、日給で6,000円前後が目安になりますよ。

パート・アルバイトでも夜勤や早朝出勤をしなければならないケースも有ります。その場合は、手当が支給されますが1回あたり3,000円から5,000円程度が目安です。もちろん夜勤中は時給が25%アップします。

月に20日程度の勤務であれば、10万円代前半程度の給与が期待出来ます。

介護職員初任者研修の資格を取得する方法

介護職で働きたい場合に、最低限取得しておきたいのが「介護職員初任者研修」の資格です。しかし、どのように取得すればよいのか、といったことで悩んでしまっている方も実際に多いと思います。

ここでは介護職員初任者研修の資格を取得する方法について解説します。

資格取得をするための条件

・講座を受講すれば取得可能である

各地方自治体や民間の養成所などの研修期間が主催している講座があるのです。そちらを受けることが必要になります。ただし、一点だけ注意しなければならないことがあります。

実はホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に名称が変更した時に、筆記試験が導入されたのです。

講座の全過程が修了した後に筆記試験が実施され、合格しなければ介護職員初任者研修の資格を取得できないことになります。ただし、筆記試験の難易度はそれほど高くなく、比較的簡単に合格できる内容です。スクールによっては補講制度も設けられており、わかりづらかった部分は繰り返し学習することも可能です。実際に、ほとんどの方は合格している事実もあるので安心して下さい。

講座の受講スタイルと受講期間について

・受講スタイルとは?

二つのスタイルがあります。まずは完全通学制です。すべての講座を通学スタイルで、スクールで受けることになります。

もう一つは通信講座と通学制をミックスしたものです。こちらの場合は講義科目については自宅学習を実施します。その上でレポートを提出することになります。必要な物だけ通学で学ぶ、といったスタイルになります。あまり自由な時間が取れない方は、通信スタイルを利用しましょう。

・受講期間はどれくらいなのか?

研修課程の全体時間数は、130時間になります。そのうち40.5時間までは通信講座での受講が可能とされています。

完全通学スタイルの場合は、2ヶ月ほどで修了可能です。
通信プラス通学制を選択した場合は、3ヶ月ほどで修了可能です。

学歴など、受験できない決まりがあったりするのか?

・学歴などの制限は全くない

中卒であったとしても高卒であったとしても、大卒であったとしても受験できるのが介護職員初任者研修です。

ちなみに年齢制限もないので、中学生でも試験に合格できれば介護職員初任者研修の資格取得が出来ます。ただし、18歳未満の方については保護者の同意が必要となるので注意して下さい。

介護職員初任者研修の一括資料請求のメリット

介護職員初任者研修の資格は、完全独学で取得できるものではありません。通学制か通信プラス通学制で取得することになります。スクールを利用しなければ、介護職員初任者研修の資格は取得できないのです。

そこで注目なのが、どこのスクールを選ぶのか、といったことです。その選ぶ方法ですが、お勧めなのは一括資料請求です。ここでは、一括資料請求をすることでどんなメリットがあるのか、について解説します。

どんなスクールがあるのかを把握できる

【主な介護職員初任者研修のスクール名】
・未来ケアカレッジ 関東
・ベネッセ介護セミナー
・三幸福祉カレッジ
・介護教室 ケアマイスター
・GAライフケア新宿駅前校
・ニチイなど

そもそも、どこのスクールで介護職員初任者研修の資格が取得できるのか、といったことも分かりませんよね。しかし、一括資料請求を利用すれば、どの地域にどんなスクールがあるのか、といったこともはっきりと分かるのです。

自分でスクールを探す手間も省けます。

それぞれのスクールの特徴がわかる

・各スクールから資料が送られてくる

各スクールには様々な特色があります。補講サービスがあったり、受講料が安かったり、といった特徴を持っています。それらを資料で確実に把握できる、といったメリットがあります。

ちなみに介護職員初任者研修の取得にはスクールに通うことになるので、土日や夜間の開講もしているか、といったことはしっかりとチェックしておくべきです。特に働きながらの取得を考えている方には重要なテーマです。

各スクールの料金比較が出来る

・スクールによってかなりの開きがある

通信・通学制のスクールの価格比較や、通学のみのスクールの価格比較、といったことも一括資料請求では出来ます。

もちろん、安ければよいわけではありません。しっかりとした勉強ができる事も重要です。

安い講座だと、50,000円台から60,000円台のところがあります。
高い講座になると、13万円台や15万円台といったものもあります。

価格はスクールによって大きな差があるので、一括資料請求でしっかりと比較して自分が通えそうなところを見付け出して下さい。

資料が早く届く!

・3日から1週間程度

資料が届くまでに1ヶ月や2ヶ月経ってしまっては意味がありません。

しかし、一括資料サービスではそんな心配もありません。ほとんどのスクールから1週間以内にあなたのもとに資料が届きます。

一括資料請求の申し込み方法

介護職員初任者研修の資格取得を目指す場合ですが、一括資料請求を行うと簡単に各スクールを比較できる、といったメリットがあります。

しかし、問題はどのようにして一括資料請求をするのか、だと思います。

ここでは、一括資料請求の方法について解説します。

一括資料請求が出来るホームページを見つけ出すこと

・いくつかの一括資料請求サイトあり

「介護職員初任者研修 一括資料請求」などとネットで検索をかけると、実際にいくつかの一括資料請求サイトがヒットするはずです。そちらを利用して、資料請求を行うことが出来ます。

ただし、信頼出来ないサイトは利用しないで下さい。そもそも、資料請求を擦る時は、個人情報を提供することになるので、悪用されたら大変です。

お勧めはこちらの「ブラッシュアップ 学び」です。



資料請求対象スクールの選び方

・地域を選ぶこと

各地域で利用できるスクールが変わってきます。ですから、自分の住んでいる地域のスクールを選ばなければなりません。地域ごとにスクールが一括請求サイトでは紹介されていると思うので、まずは地域選択を実施して下さい。

近畿にお住まいであれば近畿を選択して、その後に都道府県を選択するわけです。

・資料請求するスクールを選ぶ

たとえば、東京や大阪などは対象スクールが非常に多いです。すべてのスクールを選択してしまうと、家に資料が集まりすぎてしまいます。その中から選ぶのも苦労するものです。

ある程度スクールの数は絞って下さい。5スクール前後に絞っておくと、のちのち比較しやすいです。

スクールを選ぶ際は、費用やそれぞれのスクールの特徴も把握しておくべきです。標準の資格取得までの期間といったものにも目を通しておくべきです。

一括資料請求を申し込む時にはどんな情報を入力するのか?

【介護職員初任者研修の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ 学び」の場合】
・名前
・性別
・年齢
・メールアドレス
・電話番号
・郵便番号/都道府県/市区町村/丁目・番地

以上が必須の入力項目になります。住所を入力しなければならないので、ミスはしないで下さいね。家に資料が送られてくるわけですから、仮に住所を間違って記載してしまうと、せっかくの資料が届かなくなります。

ちなみに、介護職員初任者研修の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ 学び」については、セキュリティも万全です。個人情報が悪用されることはないので、安心して下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ